アフィリエイトプログラムの活用TIPS、収入アップを目指すコラム
 


第12回.バナナビ的アクセスアップ論


ここまで、様々な形で広告収入のアップについて考えてきましたが、今回はその根幹をなすアクセスアップについてです。掲載サイトへのアクセス数が増えれば、当然バナー広告も多くの人の目に触れることになり、広告収入アップのチャンスが大きく広がります。

一口にアクセスアップといっても、その手法も様々なものが上げられます。
しかし、もっとも効果的といえるのは、検索エンジン対策と言って間違いないでしょう。

検索エンジンによるアクセスアップというとやはりYahooに登録。。。と考えがちです。
たしかにYahooに登録されれば、それなりにアクセス数を増やすことが出来ますが、ここに登録する事が極めて難しい事はご存知の通りです。商用サイトともなれば有料登録審査という方法も考えられなくは無いですが、それも100%ではありません。
そこで、この検索エンジン対策において最も重要となるのが、Googleやinfoseekをはじめとする、ロボット型検索エンジンなのです。

ロボット型検索エンジンでは、ロボットと呼ばれるプログラムがインターネット上を巡回し、サイトのデータを収集、データベース化しています。そして、検索を利用するユーザーが入力した「検索キーワード」に対して、様々な角度から重要度が決められ、表示する順番を決定しています。
当然のことですが、このときの検索結果として上位に表示されればアクセス数を増やすことが可能です。そして、この検索結果を上位に表示させることはホームページの作り方しだいで、ある程度は可能なのです。
つまり、特定のキーワードの検索結果として、自分のサイトが上位に表示されるようなサイト作ること、つまりホームページの検索エンジンへの最適化による上位表示対策こそが最も重要なアクセスアップ対策なのです。

そして、私がこの検索エンジンの上位表示対策が重要視する、もう一つの理由は、検索エンジン経由で訪れてくれるビジターは、本当に興味を持ってサイトを訪れてくれているという点です。
それは、ただ素通りしてしまう、1000のアクセスより、本当に興味をもって訪れてくれる10のアクセスが重要だと考えるからです。

1.ロボット型検索エンジンの重要度では、数あるロボット型検索エンジンの中でドコを重要視して対策するのが得策なのでしょうか?

それは、文句なしにGoogleでしょう。
なぜなら、GoogleのデータベースはGoogle自身のみならず、他の多くの検索エンジンに供給されているからです。現在Googleからデータベース供給を受けているのは下記の検索エンジンです。

これだけ多くの検索エンジンが利用しているのですから、Googleに上位で表示されることがいかに重要なことなのかがお分かりいただけると思います。

2.Googleで上位表示される為には

上記のように利用率の高いロボット型検索エンジンなのですが、他の検索サービスに比べるとその高度な検索アルゴリズムから、非常に攻略の難しい検索エンジンと言われています。
特に、ロボット検索エンジン対策で、話題に上がるMETAタグに関しては、Googleの場合殆んど見てない様ですので、Googel対策にはあまり役に立ちません。(極論なくてもいいのではないかぐらい思います)まあ、ロボット型検索エンジンは何もGoogleだけではないので、記述しておく事は無駄ではないと思いますが、Googleに絞って考えるなら、ほぼ不要なのではと考えています。
では、Googleは何を持って表示の順位を決め、その上位に表示される事を目指すにはどうすればいいのでしょうか?

.謄ストマッチ
テキストマッチとはページ内に含まれるキーワードの出現率などによる評価を指します。
本当に極端な話、検索して欲しいキーワードがたくさんあればテキストマッチに関しては一応の評価を受けることが出来ます。ただし、その出現位置や文章内における頻度などにも配慮されており、あまりにも一致率が高すぎてもスパムと受け止められ、逆にランクを下げる結果となります。また、あくまでテキスト(文字)における一致率ですから、デザインを重視するあまり画像を多用したり、FLASHで作成されたページは、当然評価を下げることになります。ですから、出来る限りテキストでページを構成するという事も、当たり前の様ですが一番重要なポイントとなります。そして、一番マイナスな評価を受けるのは背景と同色の文字(隠し文字)を利用して文字一致率を上げるような行為です。これはかなり以前には通用したようですが、現在ではかなりのマイナス評価となりますので、絶対に避けた方がいいでしょう。結論としては、テキストマッチにおける評価をアップさせる為には、ヒットして欲しいキーワードを出来る限り多く含みながら、普通にサイトを作成できるか・・・という事になります。
これが簡単なようで難しいんですけどね・・・^^;
必ず上位表示される!といったような魔法のようなテクニックは存在しないのです。

▲據璽献薀鵐
ページランクとは、そのサイトへの被リンク数、リンク元の質などによる評価のことです。Googleが人気を博すその最大の理由は、このページランクによる重み付けが行われているという点にあります。多数リンクされているサイトは重要度が高い。優良なサイト(ページランクの高いサイトからリンクされているサイトは重要度が高い。という考えに基づいて評価されています。ではページランクを上げるにはどうすればよいのでしょうか?

  1. 自サイトのページランクを知る
    当たり前のことですが、まずは自サイトのページランクを知っておく必要があります。
    ページランクを知る為にはブラウザにGoogleツールバーをインストールする必要があります。
    Googleツールバーには英語版日本語版の二種類があり、英語版のみページランクを数字で見ることが出来ますので、今後ページランクを意識するなら英語版を利用することをおすすめします。

  2. 被リンク数を増やす

    • 検索エンジンへの登録
      検索エンジンへの登録も被リンク数を増やす有効な手段です。
      ただし検索結果がcgiなどで動的に生成される検索エンジンは、あまり意味を成しません。効果的にページランクの向上につなげる為には検索結果がhtmlで表示される必要があります。そういった意味では、各検索エンジンのディレクトリ掲載が効果的といえます。特に「OpenDirectoryProject」のディレクトリ掲載は同社がGoogleにティレクトリデータを供給している関係上重要視されているといわれていますし、ココに掲載されればGoogleのディレクトリにも掲載されるというメリットがあります。

    • 自動登録リンク集への登録
      これも検索エンジン同様、CGIで生成される物ではなく、htmlで表示される物を選ぶ必要があります。 取り敢えず頭に浮かぶのはいますぐリンクぐらいですが、他にもあると思いますので探してみて下さい。もし、いいのがあったら教えてください^^;

    • 相互リンクを依頼する
      相互リンクの意味合い上、本来であれば友好のしるしでもあるわけですから、全く見ず知らずのサイトにリンクをお願いするのであれば、それなりの敬意とマナーを持って依頼して下さい。
   どちらにせよページランクの向上を考えるなら最低でも自サイトよりも高いページランクの
   ページからリンクしてもらう事が重要です。ページランクの低いページからリンクしてもらっても
   あまり効果がありません。

3.その結果どうなった?
ここまでGoogleにおける上位表示対策の基本をお話してきましたが、その結果どうなったでしょうか?下記は当サイトのGoogleにおける表示順位です。
  1. バナー広告」・・・2位/202,000件中
  2. バナー」・・・5位/1,570,000件中
  3. 広告」・・・6位/4,330,000件中
  4. インターネット広告」・・・14位/31,900件中

    ※上記順位は2002/05/19現在の物です。

分母の大きいキーワードほど上位表示は厳しくなりますがそれだけ、言葉として一般的であると言うことですから、それだけ検索の頻度も高くなります。また、これはあくまで単一キーワードでの検索結果ですから、これ以外にも様々なキーワードが組み合わされて検索されています。

繰り返して言いますが必ず上位表示されるというような魔法のようなテクニックはありません。
ロボット型検索エンジンを意識しながらも普通にサイトを作る事しかないのです。
ただし、確実にいえるのは、ロボット型検索エンジンを意識して作るのと意識せずに作るのとでは、その結果は大きく違うのだという事だけは確かなようです。

アフィリエイト裏マニュアルINDEXへ
第13回へ

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10 /11/12/13/14/15/16


相互リンク・スペシャルサンクス相互リンクについてアフィリエイト裏マニュアル(BLOG)サイトマップ
- Copyright c 2002 バナー広告NAVI All right reserved. -