アフィリエイトプログラムの活用TIPS、収入アップを目指すコラム
 


第13回.バリューコマースに思う

今回はお読み頂く前に断っておきますが、読んでも何の役にも立たない与太話です。
広告収入には何の影響もない話なので不要な方は読み飛ばして頂きたい。というのも今回のお題は「バリューコマースについて」と「国内アフィリエイトについて思うこと」・・・という非常に取り留めのない話です(笑)
お時間のある方のみお付き合い下さい。(ある意味一番コラムっぽい?)

バリューコマース蠅亮卍垢漏姐颪諒だということは結構ご存知の方もいらっしゃるとおもいます。それだけにバリューコマース蠅魍飴餬呂硫饉劼なんかと勘違いされてる方も多いようで、本社はアフィリエイトプログラムの本場アメリカにあるのではとお思いの方も多いようですが、本社は思いっきり東京都文京区本郷・・・結構下町です。バリューコマース蠅領鮖砲楼娚阿叛く、1996年3月レンタルサーバーサービスを提供するトランスパシフィック有限会社がその前身であり、あまり知られていませんが現在でもバリューコマースはレンタルサーバー事業「JPORT」をおこなっています。バリューコマースのサイトって一体ナンなんだ?って思うほど快適なスピードのサイトです(笑)

ご興味のある方はどうぞ→http://www.jport.ne.jp/

さておき、いまや国内トップのアフィリエイトサービスプロバイダであり、資本金21億円、従業員数110人を数える企業がほんの6年前には資本金300万円で設立出来る有限会社だったのです。なんと恐ろしい話でしょう(笑)

そのきっかけとなったのは当時のトランスパシフィックを経営していたジョナサン・ヘンドリックセン氏(現バリュークリックジャパン会長)が、98年1月に単身渡米して日本に持ち帰った米バリュークリック社とのライセンス契約といえるでしょう。この契約により日本初のクリック保証型バナー広告配信を開始、同年11月にはバリュークリック事業部を独立分離し、バリュークリックジャパン株式会社を設立。1999年11月に社名をトランズパシフィック社から、バリューコマース株式会社へ変更。アフィリエイトマーケティングプログラム、バリューコマースを自社開発し、サービスを開始。
とまあ、バリューコマースはめまぐるしく成長を遂げてきたのです。

そして、現在でもバリューコマースは日本アフィリエイトプログラムにおける巨人に他なりません。
利用している方なら、お分かりでしょうが、管理画面が重い、規約がウルサイ、広告スペースの更新に時間が掛かる、などの改善を望みたい部分は少なからずあるものの、提携可能なECマーチャント数、バナーの種類、管理画面で取得できる詳細なクリック、表示、成果データなど、バリューコマースの提供するアフィリエイトプログラムは他社とは比べ物にならないほど群を抜いて高機能なのです。

今後、国内にバリューコマースを超えるアフィリエイト・サービス・プロバイダは生まれるのでしょうか?
現在の国内アフィリエイトプログラムの勢力から考えれば、エーハチネットかトラフィックゲートがその最右翼といえるかも知れませんが、両者とも現在提供するアフィリエイトの基本プログラム自体をバージョンアップさせない限り、難しいと言えます。しかも、今年の4月のバリューコマースのバージョンアップにより、さらに溝を空けられてしまっている感があります。一人勝ちの市場は決して成長しません。国内アフィリエイト市場拡大のためにもエーハチネット、トラフィックゲートの両者には、より一層のサービス・システムの向上を期待してやみません。

アフィリエイト裏マニュアルINDEXへ
第14回へ

1/2/3/4/5/6/7/8/9/10 /11/12/13/14/15/16


相互リンク・スペシャルサンクス相互リンクについてアフィリエイト裏マニュアル(BLOG)サイトマップ
- Copyright c 2002 バナー広告NAVI All right reserved. -